冷却材入りアームカバー!夏バイクの暑さ対策に使えるかも

しかし、真夏バイクは暑いですよね。渋滞はともかく、走っていればそこそこ風を受けられるので多少は楽です。そんな暑い中でも少しでも快適に過ごしたいと、アームカバーを買いました。ちょっと特殊っぽいものなので、今年の夏に活躍してくれると嬉しいなと。

ということで、夏バイク用に特殊素材を使ったアームカバーを買ったので、初見感想などシェアします。

夏バイクには短パン・Tシャツ?

僕自身、かなりのビビラーなので、真夏の暑い時期にTシャツ&短パンでバイクに乗ることができません。転んだ時のことを考えたらぞっとしてしまうというか…。

なので、真夏でもプロテクター入りのジャケットを着ています。真夏はメッシュジャケットで風の通りはそれなりにいいですけど、でも暑いです。

じゃ、ジャケットの下はどうするかといえば、冷感素材の長袖インナーを去年は着ていました。暑いは暑いけど、これは最低限という感じ。

僕は、自転車に乗る人でもあるので、自転車の時には半袖+アームカバーで、時々アームカバーを濡らしつつ走っていました。これはそれなりに効果があって、走行風で結構涼しくなります。すぐ乾いちゃうけどね。

特殊素材なアームカバー

去年は、ワークマンのアームカバーを自転車に乗るときだけ使っていました。真夏は暑いので、水道を見つけるたびにびしゃびしゃに濡らしてました。これで濡れている間は涼しいです。

これで走って風を受けている間はアームカバーが涼しいことを知ったので、今年は「バイクの時にもアームカバーだ!」と、コロンビアの内側に冷却材をつけた素材のアームカバーを買いました。

この素材は、OMNI-FREEZE ZERO というもので、丸い冷却材が内側にちりばめてあります。冷却材がついているなんて、涼しそうですよね。それで買っちゃいました。

Omni-Freeze Zero | オムニフリーズゼロ 最先端冷却機能

この素材を使ったアームカバーなので、ちょっとした信号待ちなどで、うっすらとでも汗をかくとスタートで涼しさを感じます。ただ、風がなければ涼しさは感じずに暑いですけど…。それはどんなものでも一緒ですね。

まとめ

最近では、新素材がたくさん出てきて、「夏でも着るだけで涼しい!」を売りにしている衣料品が増えてきました。でも、騙されてはいけません。着ているだけだと、やっぱり暑いものは暑いです。

こういった素材のものは、風を受けて初めて汗ばんだ衣類から水分蒸発をさせ、気化熱で涼しくなります。乾きやすい素材であればあるほど涼しいはずです。こういった着て涼しい素材のものを生かすには、一番上に着るジャケットはメッシュジャケットじゃないとだめです。フルメッシュならより涼しいです。

最近では、冬の電熱服のように、夏には空調だったり冷水を回す服も出てきています。素材だけじゃなくって、段々とこういう方向に行くんでしょうね…。

でも、まずはコロンビアの冷却材付きアームカバー。普通のアームカバーに比べて感動的でもないけど、ちょっとはいいので、少しでも涼しさを求める方はぜひ使ってみてください。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価 
グッズ
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?