ライスク参加をきっかけに、上から下まで夏支度。

5月後半の先日、ライディングスクール(以下、ライスク)に参加してきました。もうだいぶ暑くなってきて、バイクに乗るのに冬のジャケットでは暑すぎます。ただじっとしてるだけでも暑くなってきましたね。

オートバイは風を受けるので、ある程度暑くても渋滞しなければそこそこ快適に走ることができます。でもライスクでは一生懸命バイクをコントロールしようとする上に、それほど速度がでないのでひたすら暑いです。休憩時間になると、ジャケットやプロテクタなど全部脱ぎ捨ててTシャツ一枚になりたい感じです。

そこで、ライスクに参加をすることを意識して、今年は人生で初めてフルメッシュジャケットとメッシュパンツを買いました。さらにあわせてプロテクターも一新しました。

本当の真夏になった時にどんな感じになるのかはまだわかりませんが、試走した感じではだいぶ涼しく、フルメッシュの威力はすごいです。 まあ涼しすぎて使える期間は短いだろうな、という気もしますけど…。

この記事では、新調したフルメッシュジャケットとメッシュパンツ、プロテクタの使ってみた感想などシェアします。夏のライスクは暑いなぁ…、と対策を考えている方の参考になれば幸いです。

ジャケット

今まで夏用のジャケットは、RSタイチのビエントエアージャケット(RSJ319)というの着ていました 。これはこれで夏用のメッシュジャケットなので割と涼しいです。

ただフルメッシュではないので、フルメッシュにしたらもっと涼しいのかなぁという気がしていました。 ただフルメッシュは上にも書きましたが、着られる時期が短いような気がしていて、最初は夏ジャケットとしては、こちらを選びました。

スーパーライト NEO メッシュジャケット SDW-4131

そして、今年ライスク参加を意識して買ったのが、南海部品のフルメッシュジャケットです。これにはプロテクターが一切付属していなく(装着できるようにはなっている)、その分価格的に安価で買いやすかったです。肩と肘のプロテクターは RS タイチのものがちょうどフィットする大きさで、もしかしたら意識して作ってあるじゃないかと思いました 。

僕は元々肘と肩のプロテクターは持っていて、胸と背中のプロテクターは今回新調したので、追加でプロテクタ購入をする必要はありませんでした。

フルメッシュジャケットの感想

この南海部品のスーパーライトNEOメッシュジャケットは、ウェブサイトに「T シャツの上にもう一枚の信頼感」 とあるように非常に薄く風通しが良いです。着るのも軽いし、走ってみるとかなり風が入ってきて涼しいです。

透かして見ると全体が透ける

インナーに最近流行りの冷却素材のシャツを着れば、渋滞しない限りかなり涼しくライディングできると思います。他のフルメッシュジャケットでも同じような感じかもしれません。

でも、自分的には試したことがないのでこのジャケットのことしかわかりません。でもきっと、フルメッシュジャケットってかなり涼しいと思います。 まだフルメッシュジャケットを着ていなくて、でも夏の暑さは耐え難いと思っている方は試してみる価値はあると思います。

今回のフルメッシュジャケットの気になる点

今回のフルメッシュジャケットにも気になることはあります。ただこれは、ジャケットの問題ではなくて僕の選択の問題かもしれません。

というのも、個人的な好みとして多少だぶだぶ感のあるものが好きです。なので今回買ったジャケットも2サイズぐらい大きめのものを買いました。そのため腕にだぶだぶ感があり、肘に入れたプロテクターが若干動きます。

なので、そのまま着ていては、プロテクターが肘から多少ずれそうで 、これを回避するために一般に売られているアームバンドをつけました。もしかしたらドンピシャなサイズで着る方には問題ないかもしれません。ただ大きめが好きな方は、多分気になります。

あとは特に気になった点はなく、このジャケットは結構いいなと思っています。あっ、デザインがダサいという意見を Amazonレビューに見ることができました。デザインに関しては僕は気にならない人です。

プロテクター

今まで胸のプロテクターはHYODの D3Oのものを使っていました。

ただこれは風を通す感じがなく暑いような気がします。 あと冬用ジャケットの背中のプロテクターが貧弱だったので胸と背中が一体になっているかぶるタイプのものが欲しいと思っていました。

風通しはいかにも悪そう

コミネ SK-828 エアスルーCE レベル2ボディアーマーフィット

調べていたところちょうど今年コミネから風通しの良さげな胸と背中のセットになったかぶるタイプのものが発売になったので買いました。新製品です。

名称にエアスルーと入っているのできっと風通しが良いだろうと買いました。写真を見る限り表面にたくさんの穴が空いていて風通しよさそうに見えます。

ただ、実際に裏側には柔らかい素材のものが貼ってあり、表面ほどの穴は開いていないので思ったほどは風通しは良くないかもしれません。ただ今まで使っていたHYODのものに比べればかなり風通しは良いと思います。

胸側の外側
背中側の外側
胸側の内側
背中側の内側

実際に装着してみて、胸が涼しいのかどうかはよくわかりませんでした。暑いなとは思わなかったのでそこそこ風は流れているのかもしれません。実際には、身体に結構フィットしているので、風の抜け道はないですね。抜けるというより直接当たる分が涼しいのかな。

このプロテクターにも気になる点はあります。

HYODのものは柔らかいのでフィット感はとても良いです。このプロジェクターは表面が硬いので、装着感がとても強くあります。ロボットになったような感じですね。硬い方がいざという時に安心感があるような気がしますが、普段は柔らかめの方がフィット感があっていいです。

そういう意味では、いざという時にだけ硬くなるHYODのD3O素材はとても優れてますね。

着け心地はともかく、装着はとても簡単なので、一年を通して使えます。ジャケットを脱いだらプロテクターもさっと外せます。肘や肩のプロテクションのことも考えないといけないですが、冬用にバイク専用の以外のジャケットが使えるようになり、今までバイクジャケットを使っていなかった方にもお勧めです。

身体に固定するのは簡単

メッシュパンツ RSタイチ クロスオーバーメッシュパンツ RSY256

今回夏用のパンツも買ってみました。一つは最近ネットでも話題になることが多いワークマンのライディングパンツです。ただこれは、膝プロテクターの位置が良くなく、実際には使い物にならないと思います。

ライスクの時には膝からすねにかけたプロテクターをするので気にならないのですが夏の普段使いにはどうかなと思います。普段膝のプロテクターもいらないかなと思っている方にはいいかもしれないです。とにかく安いので買いやすいです。

品切れになっていることが多いようですが、うちの近所のワークマンプラスにはまだ在庫がありました。さいたま市近辺にお住まいの方で探している方はお早めに。

それとちゃんとしたプロテクションもあるバイク専用のパンツが欲しいと思っていました。そこで RS タイチのクロスオーバーメッシュパンツを買いました。

このクロスオーバーメッシュパンツ、一応メッシュパンツではあるのですが上で紹介したフルメッシュジャケットのような風の入り方はしません。多少暑いです。とはいえジーンズよりは風通しがよく涼しいと思います。

この記事の本題であるライスクに行く時にはワークマン、ツーリングに行く時にはRSタイチのパンツを履いていく感じになります。

まとめ

夏はバイク乗りにとって結構きついシーズンです。少しでも快適に、そして安全に走ろうと思えば専用のジャケットやパンツがいいと思います。個人的にはTシャツに短パン、素手やサンダルでバイクに乗ることはないです。

かなりのビビラーなので、いざというときのことを考えると怖いんで。

特にライスクでは、転ぶ可能性もあるので、できるだけ安全装備で参加したいものです。あまり重装備になると暑さに耐えられなくなるので、いかに涼しい薄着で、でも安全でいられるかを考えました。

そうした時に今回の買い物は割と良い答えになっているのではないかなと思います。

フルメッシュジャケットは往復ではとても涼しくて快適です。朝、会場に行くときなどは肌寒いぐらいです。パンツもプロテクターが付いて風通しが良くて生地が頑丈なものがいいです。

夏のライスク参加のために上下とプロテクターまで全部今回揃えました。実際ライスクに参加してきましたがそれなりに涼しいし安全性も確保できたように感じます。

バイクは不安定で転びやすいものです。転んだ時の身体へのダメージは非常に大きいです。でも、とても楽しい乗り物なので安全に気をつけながらバンバン乗って行きましょう。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価