ヘルメットをOGK KABUTOのKAMUI-2からAEROBLADE-5に変えた話

もう、ちょっと前の話になりますが、ヘルメットをOGK KABUTOのKAMUI-2からAEROBLADE-5に変えました。メーカーは同じだし、価格的にはそれほど変わらない2機種ではありますが、それなりに違う点があって結果的には変えてよかったです。

OGK Kabuto AEROBLADE-5 + Actioncam

ということで、この記事ではその辺のいきさつや、レビュー的なものを書いていきます。

KAMUI-2を買ったときの話

去年(2018)の3月に生まれて初めてのバイクGSR250を買いました。そこでバイク用品も一式揃えました。

当然、ヘルメットも買う訳ですが、他にも色々買うためにすべてのグッズでコストを抑えることを考えました。そのため、ヘルメットはSHOEIやアライではなく、OGK KABUTOをチョイスしました。多少価格が安いです。ただ、いざというときに命を守るものなので、国内の3大メーカーの物から選びました。

製品としては、当時はAEROBLADE-5よりもKAMUI-2の方がだいぶ安い感じでした。それでKAMUI-2をチョイスしました。

AEROBLADE-5への変更

1年以上、KAMUI-2を使い、その間に特に大きな不満があった訳ではありません。

ただ、バイク動画を撮ることを考えた時に、風切り音が気になり始めました。マイク位置を色々テストをしてみましたが、なかなか改善できません。そこで、もっと静かなヘルメットをということで静かなヘルメットを探し始め、割と静かだとの評判をネット上で見つけたのがAEROBLADE-5です。

AEROBLADE-5であればメーカーも変わらない(サイズ感がある)し、価格もそれほど高くないということでKAMUI-2はまだまだ痛んでいた訳ではありませんが、買い替えることにしました。

ヘルメットを OGKのKamui2からAeroblade5 に変えた話[motovlog #031 / GSR250]

KAMUI-2とAEROBLADE-5の違い

KAMUI-2とAEROBLADE-5の違いについて思うところを紹介します。

重量感

メーカーとして、どこに違いの重みを置いているのかはわかりません。ただ、AEROBLADE-5は「軽さ」を大きく前面に出した紹介をしています。つまり軽いヘルメットというのがメインのようです。

実際にかぶってみるとそれなりに重さの違いは感じます。ただし自分の場合、それほど首が弱くないのか、重さの違いはほどんど気になりませんでした。

空力

それよりも大きく感じたのは、空力の違いです。特許にもなっているウエイクスタビライザーが採用されています。KAMUI-2では走行中に横を向こうものならかなりヘルメットが風にあおられる感じがありました。そのため、あまりキョロキョロする気すら起きませんでした。

それがAEROBLADE-5はかなりウエイクスタビライザーが効いているようで、横を向いてもほぼあおられません。これにはかなり驚きました。

KAMUI-2の時には身体よりもヘルメットの方があおられるような感じがありました。それが、AEROBLADE-5ではヘルメットよりも身体全体があおられる感じです。そのぐらい上手く風を受け流しているように思います。

サンシェード

他の大きな違いは、サンシェードがあるかないかです。

KAMUI-2にはサンシェードがありますが、AEROBLADE-5にはありません。AEROBLADE-5ではヘルメット自体を軽くするためのコストを、サンシェードなしで補っている感じです。

マイク、カメラの実装のしやすさ

あと、ヘルメットにカメラをつけようと思う人だけに関係することがあります。KAMUI-2は顎の部分が割と広いので、一番前にアクションカムの台座をつけることができます。が、AEROBLADE-5は狭いので、ずらしてつけないといけないです。多少、カメラ装着の自由度が減ってきます。

ただ、ヘルメット内にインカムなどをつけようと思ったときにAEROBLADE-5にはユーザーのための工夫がされています。ウェブサイトでの紹介などには書かれていません。

それは、スピーカー取付用のスペースを用意してくれていることと、ヘルメット内から外側に配線を出す穴を用意してくれていることです。

OGK KABUTOにとって、動画撮影用のカメラ、マイクの実装を考慮しておくって、当たり前のことのようです。今どき、なんか、ありがたいです。

違いのまとめ

個人的に感じるこの二つの製品の大きな違いをまとめてみると、

  • ヘルメット重量
  • 空力(ウエイクスタビライザーの有無)
  • サンシェードの有無
  • マイク、カメラのつけやすさ

です。

KAMUI-2のその後

KAMUI-2は特にバイク動画をとるときのヘルメット内の風切り音が気になっただけで、それ以外に何の問題もありませんでした。結構きれいに使っていましたし、でも二つ持っていても仕方がないし場所もとるので、処分することにしました。

ただ捨てるのはもったいない気がしたので、いくつかの買取屋さんにアクセスしてみました。

ウェブサイトでKAMUI-2の買取標準価格を調べてみると、1万円くらいと書いているところもありました。そこなどは実際に連絡をしてみると買い取れないとのこと。やっぱ釣りがありますね。

最終的には7,000円で買い取ってくれるところがあったので、そちらで引き取ってもらいました(店舗が近かったので持っていった)。もしかしたらメルカリとかの方が高く売れる可能性があるのかもしれませんが、安全性とスピード感で業者さんを利用しました。

今日(2019.09.18)現在、かなり安くなっているのでお買い得ですね。

まとめ

最近、KAMUI-2はKAMUI-3にバージョンアップされました。新たに、ウエイクスタビライザーも導入されたし、シールドも良くなっているようです。

今現在KAMUI-3とAEROBLADE-5を天秤にかけるとすれば、どちらにしていいのかよくわからないです。個人的には、空力が良くなってサンシェードもあり、価格も安かったらKAMUI-3にするかもです。特にヘルメット重量があまり気にならない人はその方がいいかもしれないですね。

だけど、なぜかAEROBLADE-5は気に入りました。あっ、ちょっと頭痛が起こるようになったので、微妙に形は違うんですね…。これはこれから要対策です。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価 
グッズ
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?