バイクツーリングに最適。GSR250にマルチマウントバーFEをつけた。

僕が最初にバイクに興味を持ったとき、世の中にはスマホもデジカメもありませんでした。だからバイクにこれらのものを付けるなんて需要はまったくなかったです。というか発想すらなかったです。今は便利なものがたくさんあって、たくさんつけたくなる時代になりましたね。

ご多分に漏れず、僕もバイクに最近の便利グッズ、スマホや電源、カメラなどを装着するスペースとしてマルチマウントバーをGSR250に付けました。かなりツーリングが快適にできるようになったので紹介します。(Daytona マルチマウントバーFE 94923)

おすすめはマルチマウントバー

今回紹介するマルチマウントバーを使うとあまりコストを掛けずに、バイクに安定した広いスペースを確保できるようになります。バイクは不安定な乗り物で車より危険度が高いので、何かをするときにはより安全策をとるべき。

今回、自分でマウントスペースを確保するべく調査・選択して、結果マルチマウントバーを付けることにしました。バイクにスマホや電源の取り付け場所を確保するなら、マルチマウントバーの選択がかなり有力候補です。

マルチマウントバーのメリット

一般的に発想すると、

ナビやスマホを付けたい→付ける場所はどこ?→マウントバーはどれ?

ってなると思います。

GSR250で考えると、セパハンだし、装着場所としてハンドルバーを考えると延長するためのパーツ交換が必要になります。しかも、シールドをつけると延長パーツがシールド取付けに占有されて他のものが取付できなくなることが多いみたい。

とすると、ミラー共締め型のマウントにするのか?いやいや、狭いし安定性に欠けそう(1箇所止め)。なら、2箇所で止めて広いスペースのマルチマウントバーがより安全にスペース確保できそうです。

  • セパハンだとそもそもハンドルバー自体に取り付け場所が少ない
  • 多くの車種で特に加工の必要もなく簡単に取付できる
  • 他の部品との干渉をあまり考える必要がない(単独で考えられる)

ちなみにデイトナ社製のマルチマウントバーFEは何種類か販売されています。どれもマウントバーの部分は同じもので、取付ステーだけの違いのようです。マウントバーだけ買って、取付金具は自分で工夫というのもありかもしれないです。専用の金具が出ていない車種だったら、この辺を自分でやれば装着ができるかもです。

ミラーをハンドルに取付けているマウントのネジがハンドルの手前に来ているようなバイクなら取付可能性が出てくると思います。

まとめ的に

多くの人が、1つや2つは付けたいものがあるはずで、使いやすく安定した場所をきちっと確保すべきで、それにはマルチマウントバーがいいです。それでガジェットの取付位置に困ることがなくなり、安全に使いやすくスペースがうまれます。

GSR250なら、個人的にはほぼ一択。セパハンバイクでも多分一緒。取付け映像も撮ったのでマウント検討中の方は是非ご覧ください。こんな感じ↓。あっ、ついでにチャンネル登録もできたらお願いします。

GSR250にDaytonaマルチマウントバーFE(94923)を取付ける

と、こんな感じで、快適装備でツーリングにバンバン行きましょう!

★☆★ここまで読んでくださってありがとうございます。★☆★
blog ranking参加してます。励みになります。
最後に↓を一回ポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ

個別メッセージはこちら

グッズ
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?
タイトルとURLをコピーしました