ヘルメットとタンクバッグの盗難防止(ロック)をしてみた

ツーリング中に休憩したとき、ヘルメット盗まれちゃったら滅茶苦茶困りますよね。グローブとかならまだ帰ることはできるけど、ヘルメットは帰れなくなっちゃいます。

なので、転ばぬ先の杖でバイクから離れるときにヘルメットを盗まれないための対策は賢いことだと思います。

ということで、ツーリング中にいろんなバイク乗りの様子を見ていると、ヘルメットロックをしている人もしていない人もいます。個人的にはそれはどちらでもいいんだけど、ネット上には「盗まれて困った」みたいなことも散見されるので、対策をしておいて損はないなと思います。

GSR250はシートを外せばヘルメットホルダーはあるけど、一々面倒で事実上ヘルメットロックできないに等しいです。

あと、バッグ。タンクバッグを使うことがあるけど、これは持っていこうと思えば簡単。だけど、止まるたびに持ち歩くのは面倒。なので、ヘルメットとタンクバッグを簡単には持ち去られないようにロックしてみました。

こんな感じ。タンクバッグの上にヘルメットを置いて、ヘルメットロックワイヤーでフルフェースの顎のところとタンクバッグの取っ手とハンドルをひとまとめにして南京錠でロックします。

写真には顎マウントのカメラが写っているけど、バイクから離れる時には外して持っていきます。横から見るとこんな感じ。

バッグの取っ手を切って持っていくことは可能だろうけど、数千円のバッグのためだけにそこまでする人はいないでしょう。もちろん念のために貴重品はバッグに残さずに持ち歩いています。

ワイヤーはデイトナのもの。南京錠は、スパナ2本で壊して解錠みたいな情報が流れ飛んでいたので、頑丈で壊れにくいものを。その分、ちょっと重いです。でも、まず壊されそうにないです。こういうものは、ちゃんとしたものを使いたいです。合わせても2,000円強。これくらいで、ずーっと盗難予防ができるなら、高くもないですね。

誰も人のものなんか持っていかない世界ならいいなといます。でも、現実的にはそうもいかないので一応対応しました。やってみると意外とらくちんだし、安心感があります。もちろん、ヘルメットだけでもタンクバッグだけでも使える方法です。

何となく不安だけど面倒だと思っていた方は是非お試しを。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価