バイクにETC2.0をつけたので、予約状況や費用など

いまさらというか、ようやくというかバイクにETCをつけました。

バイクにETC

結論的にいえば、取り付けたのはライコランドでETC2.0 / MSC-BE700Sをつけてもらいました。このMSC-BE700Sは出たばかりの機種だそうです。取付作業前日にお店に初入荷し、その時点での最後の1台でした。

新しい機種をつけることができて、なんかラッキーな感じが。僕は「新しいものは落ち着いてから使う派」ではなくて、「新しいものはすぐに使う派」です。まったくの新商品でもないので、よかったなと。まぁ、使い勝手に大きな違いがあるものではないと思います

GPS搭載ETC2.0車載器 MSC-BE700S
GPS搭載ETC2.0車載器 MSC-BE700S

ETCとETC2.0の違いとETC2.0を選んだ理由

初めてのバイクETCは2.0をつけました。そもそもは、値段の安さや現時点でのサービスに大きな違いがないためETCをつけるつもりでいました。ただ、以下の点を考えて、最終的にはETC2.0にしました。

  • 圏央道の2割引
  • 機種が新しい
  • クオカードによる返金(ETC2.0が1万円、ETCが5千円)
  • 将来性

圏央道が近くになかったり、当日の支払いが安い方がいい場合には2.0でなくても全然問題ないと思います。2030年には使えなくなるとのことですが、まだ10年以上あるので、あまり考える必要はないと思います。

ETC2.0について:便利なETC2.0
ETC2.0は高速道路と自動車がリアルタイムに情報連携し、渋滞迂回ルート表示、安全運転サポート、災害時の適切な誘導など、多彩な情報サービスを提供します。

予約状況

最初、平日の昼間なら余裕で予約ができるだろうと思っていました。当日飛び込みでさえできるんじゃないかと思っていました。

ところが実際はそんな甘いものではありませんでした。

2りんかんでは平日の昼間で好きな時間に予約を取ろうとすると、多分2週間程待ちます(最初、電話予約しようと思って電話した)。NAPSも同じように取れない感じでした。今回のライコランドは午後1時指定で3日待ちでした。電話予約時に、午後4時ならその日でも可能だといわれましたが、こちらの都合が悪かったです。

こんな感じで、ライコランドが一番予約がとりやすかった感じです。たぶん、費用の欄に書いていますが、多少ライコランドが高いからではないかなと思います。

費用

大雑把にいうと、「はじめトク?ETC助成金キャンペーン」での1万円引きを含めて3万円で少しお釣りがくるくらい。本体+セットアップ費用+作業工賃+取付金具代です。たぶん、どんなバイクでも取付金具は必要で、1,000~2,000円は掛かると思います。

あと、あとからQuoカード1万円(ETC2.0の場合)が送られてくるらしいので、実質2万円で少しおつりがくるくらいな感じでつきました。

今回はライコランドでつけましたが、2りんかんとNAPSでの料金比較もしてみます。2りんかんとNAPSはwebサイトに料金が書かれているのでその値段です。ライコランドは表示されていなかったので(お店に違うみたい)、今回は大雑把な数字だけお知らせします。

2りんかんNAPSライコランド
本体22,78023,50023,500
取付工賃7,5007,500店頭で確認を
セットアップ2,5002,500店頭で確認を

取付工賃は、「ネイキッド/フルカウル/スクーター」で変わってくるようです。これはどこでも同じような感じ。上の表は、ネイキッドでの場合です。

ただし、お店によってこの区分が変わる場合もありそうです。というのも、僕のGSR250は今回はネイキッド料金での取付でしたが、バイクを買ったディーラー(スズキワールド)では、カウル車としての取付になるといわれたことがあるからです。

費用のまとめ的には、

2りんかん ≦ NAPS < ライコランド

な感じです。とはいえ、2りんかんとライコランドの差は1,500円くらい。大きな差ととるのか、予約のとりやすさと取るのかは、あなた次第です。

作業時間

作業前には、1時間半から2時間くらいといわれていて、実際には1時間半弱でした。この時間はバイクによって変わると思うし、取付位置によっても変わると思います。

今回の取付位置は本体がシート下。アンテナ、インジケーターは左のミラーと共締めです。

まとめ

バイクにETCは車にETCよりも便利です。車ならその辺(取りやすいところ)にお金を置いておいたり、厚い手袋もしていないことがほとんどなので、お金を払うのがそれほど苦ではないです。

が、バイクはそうもいかないので、ETCがないころには払いやすさの工夫をみんなしていたと思います。(僕は小さいタンクバッグに落ち着きました)

これがETCをつければそのままゲート通過をできるわけで、かなり楽になります。そのためだけにそこそこの費用とつけるための時間を使わなければいけないのがネックになっている方は多いでしょう。多少長い目で見れば、通行料金の割引があるので、元は取れると思います。

時間がたてばたつほど普及度は高まり、今回のような「助成制度」も終わってしまうと思うので、今すぐっていうほどではないと思いますが、早めに付けた方がよさそうです。

思った以上に予約が取れなくて関心の高さは感じます。それだけ便利だと思っている人、今が安くなってチャンスと思っている人がいるわけなので、何となく気になっている方は天気の安定しているこの時期に予約をとってつけるのがお勧めです。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価 
グッズ
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?