【冬バイク】つま先の防寒対策でつま先スクリーンを自作してみる

今、一年で一番寒い1月。とにかく寒いです。

一日で300Km以上走ろうと思うと、出発はだいたいまだ暗いうち。しかも、走りたい場所までは、高速道路を使うこともしばしば。なので、防寒対策は強固に必須です。

あるときなど、高速道路でのパーキングエリアで休憩後、出発しようと思ったらヘルメットのシールドが凍っていました。ホント寒いですよね。

つま先の防寒対策でつま先スクリーンを自作してみる

まだまだバイク初心者ではありますが、2シーズンほど冬を越えました。あちこち防寒対策をとってきた中で、一番防寒対策を取りにくいなと思ったのがつま先

手だったら、僕はハンドルカバーを使っています。あと、一般的にはグリップヒーターや電熱グローブを使っている方が多いと思います。まぁ、装備しようと思ったら、製品的には充実していますよね。

身体は、いくらでも温かい着るものがあります。ある程度の重ね着もできます。下半身の方が多少装備しにくいけど、でもできる。

で、残るのがつま先。

靴下を重ねて履く、防水(防風)系のシューズを履く。つま先の保温グッズやカイロ系を使う。あとは、多少電熱物もありますね。

が、どれも性能は不充分な気がしていて、いつでも冷たい思いをします。

そこで、バイク側につま先対策グッズをつけてみることにしました。特に高速道路で冷たさを感じるので、風をつま先に当たらないようにする、つま先スクリーンとでもいいましょうか、防風ものを自作して付けてみました。

見た目はともかく、効果はかなりある感じ。冷たさがだいぶ減りました。

前置きが長くなりましたが、つま先をつめたさから守るつま先スクリーンを作ってみたので紹介します。

どうやって防風するのか

つま先に風が当たらないようにするには、つま先の前にウインドスクリーンを置けばいいです。でも、どこかの製品でそういうのがあるのは見かけたことがないし、少なくともGSR250にはないみたい。

Googleでいろいろと探し回ってみたら、エンジンガードを利用してつま先保護をしている方が多いことがわかりました。

なので、僕もたまたまつけていたエンジンガードにスクリーンをつけることにしました。

自作つま先ウインドスクリーン

出来上がりは、上の写真のような感じ。まぁ、格好は良くないですね。でも、僕は寒いというか冷たいのがダメなので、見た目はこの際横に置いておきます。

材料

僕の場合の使った材料です。ほぼ自作をするしかないと思いますので、参考情報ということで。

  • アクリル板(クリア)
  • U字ボルト(ナット&ワッシャ)
  • アルミ板

こんな感じです。特別なものはないです。全部、ドイトで買いました。

一応、エンジンガードに付ける形をイメージしておいて、それに合う部材をお店で探しました。エンジンガードのパイプ径も最初に測っておくと、U字ボルトの選択がしやすいです。

この手の材料は、ネットで調べておいてお店で買うというのが、なかなか難しいです。結局、その場で現物合わせ的な感じで買っていくしかないです。

今回も、アクリル板をはじめ、すべての部材がそんな感じでした。なので、厳密でなくてもいいので、出来上がりの形と寸法はイメージできていた方がいいです。まぁ、イメージは正確なら正確なほどいいとは思います。

そんな感じなので、多少の無駄部材が出る可能性があります。これはしょうがないかなぁ…。

組み立て

今回の僕の場合、工作的にはアルミ板に止めるアクリル板にねじ穴(U字ボルトが通る)を開けるだけでした。ただ、工具が豊富にそろっているわけではなかったので、アクリル板に穴をあけるドリル刃だけ買いました。

  1. アクリル板をイメージする大きさにカットする
  2. エンジンガードにU字ボルトを仮止めする
  3. アクリル板をあてがってみて、U字ボルトの位置とアクリル板に穴をあける位置を決める
  4. 穴あけ
  5. 組み上げ

こうして作業をテキスト化すると、そんなに大変じゃないです。でも、実際には取付位置を試行錯誤する必要があるので、難しいというより面倒です。ちゃんと、バイク専用に作られているカスタムパーツってすごいなって思い知ります。

装着結果

では、装着した結果です。

防風効果

だいぶいいみたいです。装着後に早朝高速走行をしていないのですが、夜中の幹線道路走行くらいでは寒さを感じないです。

冬場は、防水シューズを履いているので、風が当たらなくなっているかどうかがちょっとわかりにくいです。足をスクリーンの脇に出すと、多少風を感じるので、多分効果絶大だと思います。

問題点

エンジンガードよりも7~8cm外に飛び出るので、幅が広がります。ただ、すり抜けをする人でも困るほどの幅の広さではないと思います。

で、問題点がいくつか。

  1. 転倒時にはまずつま先スクリーンが着地し壊れる
  2. GSR250では比較的つま先とスクリーンが近いので、時々足がスクリーンに当たる
  3. 同様にサイドスタンドを払うときに気を使う転倒時にはまずつま先スクリーンが着地し壊れる

こんな感じでしょうか。

今回は、エンジンガードに取り付けをしたので、つま先とスクリーンの距離を調整することができていません。もっと複雑な構造にすればできるのかもしれませんが、真冬の間だけしか使わないので、シンプルな形でいいと思います。

そのため、操作性に多少の影響が出ます。安全運転には特に問題にはならないと思います。

まとめ

冬のツーリングが好きなので、どうしても防寒対策が必要になります。

今までは、着るもの中心で対策してきました。つま先は、防水シューズにカイロとつま先ウォーマーくらいでした。でも、これだけだと、やっぱりまだ冷たいです。ちょっと足りない。

で、今回のスクリーンで風自体をよけようというところまで来ました。

結果は、かなり良好です。まだ早朝高速は体験していませんが、日常生活範囲では充分な効果です。多少の使い勝手の悪さは起こりますが、冷たくてバイク操作が緩慢になるよりはいいと思います。

予算的には3,000円でお釣りがくるくらいでできたと思います。安い中華製品があれば、もっと安くなるでしょうね…。でも、そんなもんです。

これで、冬バイクツーリングの快適度が増しました。世の中的には、電熱製品が普及してきていますが、まだまだこうしたちょっとした手作りでいけますね。

新型コロナウイルスの感染拡大問題もありますが、こういう知恵というか工夫を重ねて快適なバイクツーリングができるように準備しておきたいと思います。

★☆★ここまで読んでくださってありがとうございます。★☆★
blog ranking参加してます。励みになります。
最後に↓を一回ポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ

個別メッセージはこちら

バイクな日常
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?
タイトルとURLをコピーしました