Amazon Echo(alexa)とGoogleカレンダーとtodoistで行う予約管理と確認が便利

そんなに混雑してない治療院をやっていて、予約の管理とその確認で便利なってきたのでどんなことをしているのか書いておこう。

予約に関しては有料でも無料でもいろいろなサービスがあって、それで充分機能している方には無用の記事だと思う。でも、紙ベースだけで予約管理をしているのであれば、外出してても予約状況を確認できるし、治療室にいる時には秘書に聞くように予約状況を確認できるのでいいと思う。

AIスピーカーのような現時点では新しいものを使っていると、お客さまとの会話ネタにもなるのでそういう意味でもいいと思う。

todoist

todoistは世の中にあるtodoリストを管理するアプリの一つ。このアプリを使っているのとおすすめな理由は、

  • プロジェクトを分けられる
  • プロジェクトごとにほかのユーザーと情報共有ができる
  • Googleカレンダーと双方向でリアルタイムの同期がとれる
  • IFTTTやZapireで他のアプリと連携しやすい

というあたりだろうか。最近では、他のアプリと情報の連携ができないものは使いにくい。一つどこかで情報入力をしたらどこでもその情報が使えるととても便利でありがたい。(セキュリティを気にされる方もいらっしゃるので、そういう方には不向きかも)

Googleカレンダーとの連携は簡単で、todoistがその機能を用意している。この機能を利用すると、todoistに入力したものがGoogleカレンダーに反映され、逆にGoogleカレンダーに入力したものもtodoistに反映される。つまりは相互同期でかつほぼリアルタイムだ。後に出てくる、予約状況をalexaで確認するには、なるべく早く同期してくれることが大切で、リアルタイム同期はとてもありがたい。

この辺の機能の説明と設定方法は、todoistの公式ブログに記事があるので、こちらを参照してほしい。

速報、TodoistとGoogleカレンダーがリアルタイム相互同期 | Todoist 公式ブログ
Todoリストは長くなるけど、時間は長くなりません。Todoistの新しいカレンダー連携システムは、GoogleカレンダーとTodoistの相互同期ができます。一日の予定が視覚化され、時間管理がしやすくなる。

todoistのアカウント取得方法などは、一般的なサービスと変わることはないので、この記事では省略。

Googleカレンダー

たぶん、まったく存在を知らない方はいないと思う。使ったことがない方がいらっしゃれば、この機能のためだけにでも使ってもいいと思う。費用も掛からないし。個人的には、予約管理のためだけにアカウントを一つ開いた。

Amazon Echo (alexa)

昨年の出始めたAIスピーカーのアマゾン版。現時点では、GoogleのとLINEのものがあるが、この使い方ではAmazon一択になる。

というのも、LINEのものは使ったことがないのでわからないけれど、GoogleのはGoogleカレンダーのメインのカレンダーしか読んでくれないのがボトルネックになる。将来的にはわからないけど。Amazonのものは、チェックボタンで読み込むカレンダーの選択ができる。

これはかなり便利で、スタッフが多い職場でもスタッフのカレンダーをまずGoogleカレンダーに読み込めば、そこからalexaに読み込めることになり、全員分スピーカーに問い合わせられるようになる。個人的には、この機能を使ってfacebookイベントも自動的にスピーカーから聞くことができるようになった。

使い方

お客様にご予約をいただいたら、todoistに書き込む。自分の予定は、Googleカレンダーに書き込む。これで、alexaに問い合わせれば答えてくれるようになる。

todoistはスタッフ全員で利用し共有の設定をしておけば、いつでもどこでも予約確認ができるようになる。プロジェクトを分けることも可能なので、予約だけのプロジェクトを作っておけば、プライバシーも確保できる。

あと、facebookを使っている方はfacebookイベントをGoogleカレンダーに取り込めるのでこの設定をしておけばイベント参加とか興味ありボタンをポチっておけばalexaから聞くことができる。この辺はまた別記事もしくは、ネット検索してみてほしい(たくさんある)。

まとめ

AIスピーカーは使ってみると、それなりに利用価値がある。治療院のようなところであれば、タイマーやアラームは頻繁に使えるだろう。いままで、タイマーなどは面倒であまり使っていなかったけど、口で頼めるとなると割と使うようになる。ちなみに、alexaだと複数のタイマーやアラームの設定ができるけど、Googleのは現状では一つずつしかできないような気がする。

あとは、情報をどれだけそこから引き出せるようになるかだ。多ければ多いほど便利になる。まだまだ進化途上だろうけど、それでも使える印象があるので試してみるといいと思う。一番安いモデルでも全く問題ないので、是非試してみてほしい。

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 2
Goods & Tools
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog