ある時メインコンテンツが一気に圏外となり検索画面から消えた話

このブログではないけど、なぜか段々とPVが増えて、いつの間にか17万PV/月を稼ぐようになったサイト、というよりエントリーがあった。それなりにアドセンスも稼げてきてホクホクしていたところ…、圏外は一気にやってきた。

2018年8月1日 風向きが一気に変わった

2018年8月1日。なぜか一気にアクセスが減った。激減だ。

それまで、ビッグワードで2番目に位置していたページ。それが何ページも探してもいなくなった。一応インデックスはされているようだけど、でも、普通に見つかる順位じゃない。さらにいえば、トップページもどこかに消し飛んでしまった。

そもそもブログで稼いでいるわけでもないし、食っているわけでもないので、お小遣い稼ぎ的な感覚だった。それが昨年の12月くらいからPVが増えだした。昨年世の中を騒がせた健康まとめサイトの問題でGoogleが対策を講じたであたりからだ。

折角PVを集めだしたので、関連記事をまとめて書いた。さらにPVが集まるようになった。

アルゴリズム変更かペナルティか両方か

それが8月1日に一気にほぼゼロになった。この日に、大きなアルゴリズムのアップデートがあったということで、Googleの基準に合わなくなったのかもしれない。

調べていくと、「仮に順位が下がったとしても問題があるサイトということじゃない。」という情報もあった。だが、検索結果にいろいろおかしい感じがする。

自分のサイト名で検索をすると、工事中で何も中身のないページが一番に来て、トップページはその次だ。さらにWordPressでいう投稿ページもまるで出てこない。

専門家ではないので、何が起こったのかよくわからない。調べていくと、Googleのペナルティにかかった感じもする。トップページもどこかに飛んでいってしまったし、WordPressでいう投稿ページもほぼいなくなってしまった。

ペナルティには手動と自動とある。手動はGoogle Search Consoleに通知が来るということで、そこには何も来ていないからそれはない。掛かっているとすれば、自動ペナルティだ。これだという正確な評価ができないものらしく、対策は難しそうだ。

今後のこと

一応、本業のサイトなので、検索エンジンから消えてしまうことはそれはそれで困る。最低限、指名検索で出てこないことには存在価値がまるでなくなる。

対策的にはとりあえず、工事中で中身のなかったページが10ページ近くあったので全部削除。多少、キーワードもいじってみたけどあとは様子を見る。

まぁ、こういったことでも、自分の発信している情報の品質チェックになるから勉強代としてはこんなものなのかなぁ…という感じだ。それなりに売りあがっていたので、痛いは痛い。

インターネット
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog