糖質制限実施中(スタートから4ヶ月の変化)

月に一度の現状報告のようになっているが、これがしっかりと継続するためのモチベーションの一つにはなっている感じ。記録をするって、色んな意味で大切だなと実感する毎日。

で、糖質制限を元日にスタートしてから4月いっぱいまでの記録。

糖質制限4ヶ月

多少の停滞時期を持ちながらも、全体像を見てみれば順調に身体は変化している。日々の記録時には、「機能より増えた~」とか「この前の宴会でのロスが取り返せない…」とかそんな感じの感覚を持つけど、こうやってグラフを見れば変化している安心感は出てくる。記録はしっかりとするべきだろう。

体感的な変化はそれほどない。というか変化自体に慣れてきた。着るものはどんどんゆるくなる感じがする。身体が軽くなっていく感じは、スタート時ほどはない。これは完全に慣れたのだろう。

着るものといえば、バイクに乗り始めるということで2月に買った冬用ジャケットは3L。で、先日買った春夏ジャケットは2L。ワンサイズダウンだ。もちろん、夏は中に着るものも少ないので、サイズダウンの可能性はそこでもあるけど、実際には純粋に身体が細くなっている。

食べるものに関しては、多少甘いものが食べたくなることもあるけど、常に「食べたい…」というのはない。だから、それほど食べる種類を制限していること自体は苦しいものではなくて、継続できている。

感覚的に落ちたのは内臓脂肪。体表面をつまんだときにある皮下脂肪の量はそれ程減っている感じはしない。それより、中のほうが大幅に減った感じだ。健康にはこの方がいいのかも。

何かをやれば、それなりに変化・結果が出る。特に体重減と思って始めたわけではないが、こうやって変化が出るとそれ自体に面白みを感じてくるようになるの事実だ。どこまでいけるだろうか。

まだまだ続く…

糖質制限
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog