紫外線でバイクカバーがボロボロになったので、ボチボチ交換時期が来た→交換した

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

紫外線によってバイクカバーが傷んでいませんか?カバーの交換時期を見極めるためのポイントをご紹介します!

バイクカバーの劣化について

紫外線は様々なものを痛めますが、バイクカバーも例外ではありません。長年使っていると劣化が進み、穴が開くこともあります。どんな症状があるのか、見てみましょう。

紫外線による色褪せとひび割れ

紫外線はバイクカバーに大きなダメージを与えます。僕のバイクカバーも直射日光が当たる部分は色褪せやひび割れが起き、穴が開きました。

一方、直射日光の当たらないところは、新品の頃とさほど変わりません。

カバーなしでバイクに直射日光が当たることを考えると、ちょっと怖いものがあります。

交換時期の目安

バイクカバーが劣化し始めたら、交換時期を見極めが大切ですね。

一般的には、カバーが色褪せたり、ひび割れたり、穴が開いたりしたら、新しいものに交換する時期かな。

もちろん、個々の使用状況や環境によって差はあります。ちゃんと掛けていれば、今回みたいに敗れちゃうのはわかりますね。

僕のは穴が開いちゃったので、もう新しいのを買わなきゃですね。

バイクカバーの選び方

バイクカバーは消耗品に近いものです。高価なものよりも安価なものを数年ごとに買い替えることを検討してみてはいかがでしょうか。選び方のポイントをまとめました。

カバーの素材と耐久性

バイクカバーを選ぶ際には、素材と耐久性が重要なポイントです。耐久性があれば、長期間使えますね。その間、紫外線や雨風からバイクをしっかり守ってくれます。

当たり前かもしれませんが、耐久性の高いカバーとはそれなりに買うときにも高いです。時間コスパも重要な検討項目かな。

価格と交換サイクルのバランス

バイクカバーの価格と交換サイクルのバランスも重要です。安価なカバーは耐久性が低い場合がありますが、数年ごとに買い替えることで常に新しい状態を保てます。

一方、高価なカバーは長期間使用できることが多いですが、最初の投資が大きくなります。自分の使用状況や予算に合わせて、最適なバランスを見つけましょう。

僕は、安めのものを頻繁に変えたい派かな。といいつつ、今使っているのは4年くらいなので、全然頻繁じゃないですね。

新しいカバーに交換した

写真のように、お尻の部分に穴というか亀裂ができたし、放っておくとタイヤに紫外線が当たるので、それは嫌だなと新しいものに交換しました。

Amazonで比較的安いものをポチりました。厚手で紫外線防止になっているところが良かったかな。多分中華なので、他にも似たようなものがたくさんあると思うので、これじゃなきゃダメってことじゃないです。

軽くレビューすると、

  • 大き目を買ってよかった
  • 今のところ、撥水・防水はちゃんと効いている
  • 下側にゴムが入れてある
  • 止め具は下側真ん中あたりに短めのバンドがついてる

というあたりにおぉ、ってなりました。

バイクカバーって、サイズがあります。今回買ったのは、XXXL表示があるもの。3XLですね。

これ結構デカいですけど、僕は大きめを買った方がいいと思いました。地面まで覆える感じだし、このカバーは下側の縁にゴムが入っていて、絞り込むようになっています。なので、多少大きめの方が脱着が楽だと思います。

あと、交換して初めての雨を受けましたが、染み込んだ様子はなかったです。カバー上に溜まっていたんで。周辺はたまっ頃になっていたので、撥水もOKです。と、どれだけ効果が持続するかは謎ですけど。

最後には、良さそうで自分は使わないのに、下側を止めるバンドがカバーの縁に縫い付けられていること。なくならなくていいと思います。が、前に使っていたカバーは止めるためのバンドが完全にカバーとは別になっていて、長かったです。自分でぐるっとバイクに巻き付けるような感じ。それに慣れていたので、旧カバーの止めるバンドをそのまま使っています。

これは好みの問題だと思うので、どっちでもいいと思います。

そういえば、前のカバーにはマフラーの当たるところに貼り付ける耐熱シート(?)みたいなのがついていました。今回のはないですね。

まぁ、前回のカバーも結局耐熱シートは使いませんでした。取り付けておくのが面倒でした。最初のたった一回だけなんだけど。なので、帰ってきてからエンジンが覚めるまでしばらく待ってからカバーをしてました。

まとめ

バイクの保管方法として、バイクカバーを使用することはものすごく大切と実感しました。

紫外線によって劣化が進むため、適切な交換時期を見極めることも重要です。劣化のサインをチェックし、適切なタイミングで新しいカバーに交換しましょう。まぁ、黒いカバーなら白くなってひび割れてきたら、即交換みたいな。

また、バイクカバーの選び方にも注意が必要です。耐久性や価格を考慮しながら、自分に合ったカバーを見つけてください。頻繁にバイクを乗り換える人はもちろん、特に一台を長く乗りたい人にはバイクカバーの使用はお勧めです。

バイクを痛めないように、上手にバイクカバーを使って、気持ちよくツーリングに出かけましょう。

★☆★ここまで読んでくださってありがとうございます。★☆★
blog ranking参加してます。励みになります。
最後に↓を一回ポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ

個別メッセージはこちら

【JAF会員になれば、バイクのトラブルも安心。】いざという時のレッカーサービス、ガス欠対応、そしてSA、PAでの珈琲や各種施設の割引でツーリングの時にもお得に。会費の元もすぐ取れるメリット満載です。ツーリングをもっと楽しく、安全に、お得に。[提携/アフィリエイト]

プライバシーポリシー

グッズ
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
バイク、乗る?

コメント

タイトルとURLをコピーしました