東大の銀杏見物に行ってきた。今年の見頃は、12月1週目まで。

紅葉の時期、もみじではなく銀杏見物に東大に行ってきました。

昔からなぜか銀杏が好きで、わざわざ見物に行くということまではあまりしないのですが、近所巡りぐらいはしてます。

今年は、東大の銀杏はとてもいいという話を聞いていたので、行ってみようとなりました。

東大は、学内に入るのは自由です。この時期には多くの銀杏見物客も来ているし、特に入場時になにかする必要もなく自由に入れます。

銀杏は、東大のシンボルのようになっていて、あちこちに立派なものがあります。正門から入ればそこは銀杏並木になっています。そこからあちこち散策してみるといいと思います。

夕暮れ時になると、ライティングされてヨーロッパの町並みのような雰囲気になります。これはこれで見物の価値はあります。

また、三四郎池も銀杏ではないけど紅葉しているのでいいかもです。

東大の中にコンビニやカフェなどもあるので、ちょっと休んだりとかお茶したりとか可能です。銀杏名所のような激混み状態ではないので、のんびり見物されたい方にはいいと場所だと思います。

見頃は11月末~12月頭くらいで、12月も2週目に入るとちょっと遅い感じかも。ぎり、だいじょうぶかな…。

平日行ける方は是非に。学生さんは勉強していますので、騒がないように行きましょう。

日々のできごと
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog