ヘルメットにbluetooth接続でスピーカーを埋め込んだ話

やっぱり、バイクにはナビゲーションはものすごくありがたいし、さらに音声案内があればもっとありがたいんだと実感をしている今日この頃です。

というのも、ようやく感がありますが、ヘルメット内にbluetoothのスピーカーを付けました。ぶっちゃけ、簡単だったし、それほど費用も掛からないし、運用するのに手間は掛からないし、もっと早くつければよかったなと思うし、読んでくださっているあなたには特に嫌なんじゃなければつければ、と思います。

なので、bluetoothスピーカーをヘルメットにつけるってどうなのよ、という辺りを書いていきたいと思います。

ヘルメット内スピーカーを装着するまで

約1年前にバイクに乗り始めて、最初はその辺を回ってくるだけでヘトヘトになる感じでした。だから、ホント近所しか走り回れず、ナビも何も必要なかったです。だいたい知った道だったし。

それが、最近ではだいぶ走れるようになって、高速を含めれば300Km/dayくらいは行けるようになり、走る範囲が広がってきました。

初めての道を走ることが普通になってきたので、必要になってきたのがナビゲーション。ツーリングマップルRも買いましたが、老眼とかで印刷物を見るのはきついです…。いちいち眼鏡をかけないと…、となり事実上休憩時じゃないと確認できない感じです。

で、スマホナビをバイクにつけました。が、ないよりは何倍もいいんですけど、やっぱり画面が小さいのでパッと見での確認がうまくできないことが多くて、ミスコース連発でした。

「やっぱ音声案内だ!」

という結論に達するわけです。

部材と取り付け

今回僕が構築したシステムは、bluetoothレシーバー+ヘッドホン改です。

この二つ。bluetoothレシーバーはアマゾンで見るとたくさんあります。どれにすればいいのか迷います。僕も迷いました。

で、レビューを読みまくって、これにしました。大きさ的に小さくて、電池の持ち時間が長いというのが特にポイント。

ヘッドホンは改造するといいです。改造といっても、耳に引っ掛ける部分をとるだけ。耳に引っ掛ける部分があると邪魔ですね。この辺のやり方は、ネット上に探せばたくさんあります。ヘルメット内蔵専用にしてしまいました。

ヘルメットにつけるのは、それほど苦労しませんでした。(ヘルメットはOGK Kabuto KAMUI-2)

どちらも、マジックテープを貼って、脱着可能にしてあります。特に、レシーバーは充電しないといけないので、簡単に脱着できることが望ましいです。1日使ったら充電みたいな。15時間使えるということなので、電源を気にせず夜に充電で行けると思います。

僕がヘルメット内にマジックテープでつけたのは、このレシーバーにはマイクがついていて、「通話」にも使えることがあります。

使い道

基本的にはスマホとbluetooth接続をしているので、その環境でできることになります。意外といろいろなことができます。

ナビの音声案内を聞く

ナビゲーションを使っていれば、音声案内がヘルメット内のスピーカから聞こえるようになります。個人的には、今のところこれが主な目的で、ほかの使い方はほとんどしていないです。これのためだけにスピーカーを設置する価値が僕にはありました。

音楽や音声コンテンツを聞く

バイクに乗っていても音楽を聴きたいっていう人は多いはず。結構しっかり聞こえます。あと、podcastをスマホに入れておけばそれも聞けるし、オーディオ系のコンテンツも聞けます。

車の中でオーディオセミナー系のものを聞いている方は多いと思います。それと同じことができますね。車でもそうですけど、コンテンツ系の物は運転から気をそらさないように注意が必要かもですね。

電話やLINEなどで他者と通話する

レシーバーにマイクが付いていて、それをヘルメット内に装着することが条件になりますが、他社と通話をすることができます。

僕も、実験的に知人とGoogle Hangoutsで会話してみました。走りながらでも外と会話できるってすごいですね。これも運転には気を付けましょう。

インカム代わりにするにして一緒にいる仲間と会話する

YouTubeなどをみると、仲間と話しながらツーリングをしている様子を見ることがあります。そういったことができます。この記事では、レシーバーの紹介をしているので、ちょっとした工夫が必要です。また、仲間にも同じような環境を作ってもらう必要があります。

あとで書きますが、インカムとして使うのなら最初からインカムを装着するのがいいかもしれませんが、一応使えるということで列挙してみます。

LINEなどの無料通話を使う

仲間同士でLINEグループやGoogle Hangoutsの会話機能を使う。1日中使っても数百MBのデータ量のようです。また、LINEのSIMを使えば、会話に必要なデータは無料になりますね。これは結構お得かも。

スマホ同士を直接つなぐ

自分のスマホと相手のスマホを直接wifiやbluetoothで接続してwifidirectphoneなどの専用アプリでインカム機能を実現することも可能です。まぁ、ここまでするなら最初からインカムを買った方がいいかもしれないです…。

今のところ、僕も実験してみてますがうまくつながっていません。なんでだろう…。

bluetoothレシーバーよりインカム?

スマホの音声をヘルメット内スピーカーで聞くのであれば、「インカム」と呼ばれている商品を使うのもありです。B+COMとかですね。Amazonなら安い中華製品も5,000円位からあります。では、レシーバーとインカムとどちらがいいのか。

これはいくつかの要因があるので、どちらが良いとはいい切れないです。ただ、ツーリングなどで他の人と話しながら話すことがない方は、費用勝負でレシーバーで問題ないと思います。他の人と話しながら走るのであれば、インカムの方がいいでしょうね。

あと、インカムはだいたい防水処理されています。なので、ヘルメットの外側につけっぱなしができます。レシーバーは防水処理されていないものが多く、ヘルメット内に装着ということになるので、この辺も考えどころですね。

あと、上の方でも書きましたが、LINE/facebookメッセンジャー/Google Hangouts/skypeなどを使う方法もあります。これらの通話機能を使って話をするということ。

この方法だと、データ通信料がかかります。ただ、インカムにしなくてもいいので、初期費用を抑えられますね。あと、LINEのSIMを使うと、LINEの通話機能が無料になるので、事実上使いたい放題です。データSIMでいいので、500円/月から使えますね。この方法は、距離がいくら離れてもOKなのは利点です。

実験的に、その場にはいない知人とGoogle Hangoutsで通話してみたことがありますが、全然問題なかったです。こうなると、電話だかインカムだかがわからなくなってきますね。わかる必要もないんですけど。

 レシーバーインカム備考
価格×
音楽
通話電話、LINE、Google Hangouts等 / 操作性はインカムが良い
会話×一緒のグループ内

この辺のことを考えながら、ご自分に適した方を選ぶといいと思います。僕はマスツーとかする機会が今のところないので、単純にスマホのナビ音声が聞こえればいいというのとコスト安でレシーバーにしました。が、拡張性を考えたら、中華インカムでも良かったかなとは思っています。

まとめ

世の中の電子機器が進歩していて、バイクでの通信環境も日々進歩しています。5年前には事実上バイクに乗りながらスマホの音楽を聴いたり、ほかの人と話すことなんてあまり考えられないことでした。スマホ自体の普及率だって、まだそれほどでもなかったと思います。

それが今では2,000円から3,000円くらいの費用でも実現できるようになったし、技術的にもそれほど難しくはないです。なので、ぜひヘルメット内にスピーカーを埋め込んで、音楽を掛けながら、スマホナビでルートを教わり、安全で楽しいバイクライフを送っていただけたらなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
バイク
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog