冬バイクで、つま先の寒さ対策としてのトゥーウォーマーのレビュー

いまさら感が漂いますが、今年の初記事です。 で、1月は一年で最も寒い時期。こんな時期でも雪国でもない限り、寒さに負けずにバイクに乗りたいという人は少なからずいると思います。通勤で毎日乗っている方もたくさんいると思います。 で、僕も寒空でも少なからず乗るわけですが、昨年の秋ぐらいからワークマンで着るものを調達したり、バイクにハンドルカバーを付けたりとしてきました。が、最後に残ったのがつま先 今回、つま先の寒さから守る、トゥーウォーマーを使い始めたので感想をシェアしたいと思います。

トゥーウォーマーとは

トゥーウォーマーとは、読んで字のごとくではあるのですが toe(つま先) warmer(暖かい)です。バイク用品のコミネに商品としてありました。
|コミネ(komine)
ジャケットやグローブやパンツなど季節に応じたコミネの最新バイク用品をご紹介します
素材はネオプレーンと呼ばれる、ダイビングのウエットスーツにも使われるものらしいです。ハンドルウォーマーとか防水手袋などにも使われている素材ですね。空気をたくさん含む構造なのか、触って冷たい感じはしない素材です。 で、つけるとこんな感じになります。

微妙ですが、一応左右はあります。
土踏まずよりも前側だけを覆う感じです。実際にバイクで走っているときに風を受けているのはつま先のところだけなので、これで充分かなと。
横から見たところ

効果はどうなのか

実際にこれをつけて走ってみました。というか、まず走る前につけた段階で、ないよりも暖かい感じがします。日頃の冷え防止にも使えるんじゃないかという気にさえなりました。 実際に走ってみると、冷たさから守られている感じがします。これをつけるのとつけないのでは大きな差があります。どのくらいの気温まで耐えられるのかは、シューズや靴下にもよるので何ともいえませんが、ないよりははるかに冷たくならないです。

弱点はあるか

最初のうちは、弱点というか欠点はないように思えました。がしかし、長いことつけていると多少足が痛い感じになってきました。やはり靴下よりは硬く、またあまりわからないのですが多少は締め付けられている感があるんでしょう。 そのせいか、これをつけて買い物とか歩き回ったりすると、段々と違和感がでてきます。と、弱点ぽいことを書きましたが、これは足の形との整合性もあると思うのでどんな人にも同じようなことが起きるとは限りません。僕の足、特有かも。 あと、靴が窮屈になるんじゃないかと気になる方もいらっしゃると思いますが、それはほとんどないと思います。ボルダリングシューズのようなピッタリすぎるほどぴったりしている靴を履いている方には、窮屈感が出るかもしれませんが、ふつうはそれほどないと思います。僕も買うまでは心配していましたが、特に問題は出ていません。

まとめ

ということで、値段的にも安いし、履くのも大変じゃないし、それほど大きな欠点があるわけでもないので、つま先が寒い・冷たいと感じている方は「買い」だと思います。というか、買わない理由はないと思います。 本当に寒い時期は、あと2カ月くらい。それを1,000円に満たない金額でかなり緩和できますので、ポチってみることをお勧めしたいです。Amazonでも売れているみたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
バイク
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog