バイクのリアシートに荷物を積むためのツールを調べてみた。

異例の6月中梅雨明けで、毎日暑い日々が続いている。今日も予想最高気温36度とかで、外に出るだけで暑い。

とはいえ、この夏には多少でも遠めのところに行ってみたい気もしている。そんなときに、現時点での自分の装備的にはバイクにはタンクバッグだけしか積載できず、それ以上に積載することを考えてみた。

単純に考えれば、シートバッグなど専門のものが売られているのだけど、自分としては滅多に使うものでもないし、もっと汎用性の高いものがいいなと思う。

ということで、調べてみた。この記事は忘備録的に調べたことを書いておくので、実際に買って使ってみたレビューではない。たまたま目にとめてくださる方がいらっしゃれば、その辺をご理解いただきたい。

リアシートに荷物を積む方法いろいろ

リアシートに荷物を積もうとするときに、専用のシートバッグ以外にはどんな方法があるのか、それぞれの方法に思ったことと、自分なりの評価。

やり方思ったこと評価
ネット安定しにくい、つけるところがないかも
振動で緩みやすい、コツが必要
ゴム紐固定力がだしにくい
紐+ゴム紐簡単にしっかり固定できそう

一番最初に自分の頭にあったのは、ネット(ツーリングネット)だ。直感的にわかりやすいし、今迄も目にしたことが一番多いような気がする。そこで調べていた時に見つけた情報がこれ、紐+ゴム紐の製品の情報。

バイクへ荷物積載超簡単! ストレスフリーで楽々積載。バイクのシートパッキングには業界最強のシングルストラップにお任せ下さい!

ゴム紐だけや伸縮性のない紐系での固定の弱点やメリットをうまく取り入れているハイブリッド商品だ。原理的にも、このパターンが一番な気がする。

ただ、この商品はいいのかもしれないけど、価格的に高い気がして、同じようなものがあるに違いないと思って見つけたのが、ROK straps という商品。

ROK straps (ロック ストラップ)

アマゾンでも扱いがあるし、価格も先に見つけたものより安い。実績もありそうなので、結構よさそうだ。

アマゾンには、商品がいくつか出ており、どれを頼んでいいのか、何がどう違うのかがわからなかったのでまとめておく。

タイプ用途長さ強度品番
MC中型以上のバイク450-1500mm25mm45Kg001-045
BPスクーター、バックパック310-1060mm16mm29Kg305-407 (CM除く)
CM自転車300-720mm12mm18Kg332-336

ROK strapsにはいくつかのシリーズがあるが、自分がバイクに荷物を積むと考えたときに関係しそうな3シリーズをピックアップした。

自分的には、この中でたぶんスクーター、バックパックなど用のBPがいいように思う。もちろん、大きな重い荷物まで積みたい場合には、MCという選択肢が適してくるだろうし、ほとんど自転車感覚でしか物を積まない場合にはCMでもいいだろう。

ロックストラップ|荷物固定ベルトの革命
米軍採用品の実績を持ち、世界的冒険家も愛用するタイダウンベルト「ロックストラップ」小さな力と簡単な作業で、素早く、確実に荷物を固定します。

ついでにバッグも

この記事ではバッグは関係ないけど、目についたものがあったので記録しておく。

完全防水で、普段使いもできそうなもの。 TTPL touring25

touring25 - 防水ツーリングバッグ TTPL ONLINE STORE
仕様変更のお知らせ上側のDリングが2個→1個になりました。積載方法は変わりません。下記写真は、すべて旧ロット(Dリングが2個)のものになります。詳細は、こちら(ブログ)を御参照下さい。*マットグリーンは、Dリング2個の旧ロッ

と、自分がバイクシートに荷物を積むと考えたときに見つけた情報で、実際に買うとなったら多分 ROK straps BP とTTPL touring25 になるんじゃないかなと思う。

バイク
スポンサーリンク
buga

昔サラリーマンな工業系エンジニア。
今は、人に使われるのがだめで自営業で人間系エンジニア。
20代でバイクの中型免許を取り、50代半ばの今になって初めてバイクに乗り、なのでバイクの話題が多い今日この頃。

bugaをフォローする
気楽にのんびり行こう!blog